公認会計士の収入とは?

高給取りの印象が非常に強いのが公認会計士というものになります。
公認会計士は資格試験も非常に難しく、簡単になれるものではありません。
だからこそ高給取りということにもなります。
不景気にもあまり左右されませんので、その点も素晴らしいと言えるでしょう。
では、公認会計士は、どれほど稼いでいるのでしょうか。
年収にすると700万円が平均値と言われています。
しかし、実際にはもっと稼いでいるとも言われています。
特に、独立して自分で事務所を構えている方は、1,000万円以上ということが多いです。
稼ぎとしては、かなりハイレベルな職業でもありますので、収入としても注目できる職業になります。
不況の時代でもしっかりと稼げるという特徴が公認会計士にはあります。